思考塾 -創造力育成通信教育学習塾- 

Home>思考塾のご案内>思考塾の特徴とシステム

思考塾の学習システム

 「思考塾」では、人事研修やセミナー等を除いて、通塾の問題解消と自己管理能力の育成などを目的としてインターネット学習システムを採用しています。基本的な流れは、「思考力」育成のためのテキスト(解説と課題)をお送りし、受講生はそこから情報を読み解き、創造して、自己の考えを表現する方法を学習します。そして、課題の解答を受け取り、そこから、情報理解力、創造力、表現力のバランス、不足点、成長などを評価し、フォロー学習と育成を行っていきます。

 このサイクルを繰り返すことで、論理的、効率的に「思考力」を育成していくことができます。もちろん、これらの過程は全て個別に個々の受講生に合わせて内容や進捗を最適化しながら進められます。

 課題の内容やレベルは、入塾時のヒアリングや毎回の解答分析を元にさらに伸ばすポイント、引き上げるポイントを抽出し、それによって最適な学習プランを作成していきます。予め定められた問題をただ単に消化していくだけの、一般的な受験だけを目的とする進学学習塾や通信講座のようなシステムとは異なり、受講生個々の個性や目的に合わせた育成を常に目指しています。したがって、画一的なテキストなどはなく、受講生それぞれに合わせたオーダーメイドの学習プランが作成されることになります。

 また、「思考塾」では、科目分け、分野分けという概念は採用しておりません。あえて言うなら、全ての科目、分野を同時並行的に対象とする学習システムです。したがって、一つの課題の中に複数の科目、分野の要素が盛り込まれており、それらを同時に学習することができるのです。すなわち、「思考塾」の学習システムにおいては、これら全ての科目、分野への興味の高まりと学習力の向上を期待することができます。

 また、一つのテーマについて数か月の長期にわたって、調査、研究を行い、それをレポートとして作成するというような内容も採用しています。これによって、課題・テーマ設定力、物事を進めていくためのストーリー構成力、計画力など、思考力を相補することはもちろん、社会において極めて重要となるスキルを育成する事ができます。そして、同時に、課題設定力、情報収集力なども育成します。さらに、表現力育成のために、作成したレポートをもとにしたプレゼンテーション大会なども開催しています。

 さらに、社会人向けにおいては、既存のものとは異なり、数多く開催され、人事研修の一環として実施されている実感の無い机上の空論ともいえる理論や概念の学習に止まるのではなく、より実践的なテーマを取り扱い、スキルとしての修得を目指した学習内容としています。

 このようなシステムを採用していることから、受験偏重型進学学習塾、知識型、空論的概念型の通信講座とは異なり講師陣には大変高いレベルが要求されます。そのため、容易に人材を確保することはできません。当然ながら、学生の安易なアルバイトでは務まりません。「思考塾」の目指すものを実現するためには、アルバイトスタッフでは到底無理なのです。なぜなら、彼ら自身が「思考力」を持っていなければならないからです。

 そのため、受験だけを目的とする進学学習塾や、一般的な通信講座のような多人数を機械的に教育することはできないことから、応募状況によってはご期待に沿えず空席をお待ちいただくことや、場合によってはお断りすることもある事を予めご了承ください。