思考塾 -創造力育成通信教育学習塾- 

Home>本当の成長のために教育と育成の方法

学習の方法

新たな価値創造で認められ、求められる人へ 真の成長と育成は思考塾が担います

 学習の方法には、ある程度のコツポイントはあっても基本的には努力することが大前提です。楽をして簡単に成果が上がるような学習方法は存在しません。努力を無駄にしない、より高い効果を得る、効率を上げることができる学習法があるだけです。

 それよりも重要なことは、10の学習をして10の成果を得るようなやり方をするのではなく、10の学習の努力で20、30、時には100の成果を得ることができるような学習の方法を行うことが重要なのです。

 学習したこと全てが身に付かない、すなわち、10を得るための学習の努力をしても10の成果を得ることができないということは、学習の方法考え方に問題があると理解すべきです。

 時には、10ではなく、11や12といった学習の努力が必要になる時もあるでしょう。しかし、正しい学習の方法を実践すれば、そのほんの僅かのプラスアルファの努力で20が30に、時には100というそれ以上の成果を得ることができるのです。そして、そのような正しい本当の学習の方法を実践していれば、10の努力で得た20の成果は、次の10の努力を8や7の労力で達成してくれ、また、前回10から20を得たものを次には10から30というようにさらに加速していってくれるのです。

 偏差値だけを追いかける学習をしていては、いつまでたっても、いくらがんばっても努力以上の成果を得ることはできません。しかも、ついていけなければマイナスの成果しか得られないのです。正しい本当の学習を行っていれば、偏差値などは自然とついてくるものなのです。

 では、正しい学習の方法とはどんなものでしょうか。これは、言葉で説明することは容易なことではなく、実際に実践しながら理解していく必要があります。ただ、いくつか言えることもあります。

1)原理・原則をきちんと理解する
 学校では授業時間が短いために、通常の一般的な塾では採算の取れる時間内で一定の成果(テストの点数、成績)が得られているように見せるために、その問題の答えの出し方を手順として教え込んでいきます。本当に重要な原理・原則、法則などの物事の根本に関することが理解できているかは対象ではありません。言うなれば、迷路においてある一つの迷路についてゴールにたどり着く道順(右に行って、左に行って・・・)を教えます。しかし、根本的な迷路の解き方、未知の迷路に対する考え方は教えません。
 このような学習を行っていては、習ったことのある問題に対しては一見学習効果が出て、成長しているように見えても実際には足元はグラグラでいつ崩壊してもおかしくない状態でしかありません。加えて、仮に同じ系統であっても少し変化が加えられた問題に対しての応用力、全くの未知の問題に対する既存知識を総動員した創意工夫による対応という応用力は全く期待できません。
 これのような本当の意味での成長を得るためには、原理・原則である基盤となる部分をきちんと自分の言葉で理解し、それを応用することで実際の問題を解いていくという学習の方法が必要となるのです。解放という答えを与えるられるのではなく、必要な情報(原理・原則)を与えられた時に、それを自分のものとして理解して、自分なりの法則として創造し、自分の言葉で表現するという思考力が必要なのです。そうすれば、どんな未知の難問にも対処できるようになるのです。

2)疑問を残さない
 学校や一般の塾で行うような、受験を対象とした即物的な学習の方法では、中身の理解など二の次であり、その解き方を覚えるということが最優先されます。すなわち、問題に対処する中で、学習を行う中で疑問が生じたとしてもそれは無視されていくのです。受験テクニックでは、問題の本質を理解していなくても、どんなに疑問があったとしても、問題と解き方のマッチングさえできれば一応の答えにたどり着くことができるのです。
 しかし、そんな学習の方法では本当の知識を身に付けて成長することはできません。疑問の中にこそ、真の理解の種があり、疑問を突き詰める過程でこそ知識の本質にたどり着くことができるのです。短絡的に答えにたどり着く方法ばかり学習するということは、攻略本を見ながらテレビゲームを解くようなものです。そんなものは、ただの答え合わせであって、未知の問題に挑む本当の学習の方法ではありません。

3)自分の言葉で理解する
 新しい知識が自分のものになるとはどういう時なのでしょうか。本当に理解できたかどうかを簡単に知る方法があります。それは、誰かにその学習した事を説明するのです。自分が本当に理解できていなければ、人に理解させることはできません。そして、人に説明し理解させるためには、学習した事を自分の言葉で表現できなければなりません。
 受身の学習ではなく、自分から吸収する姿勢でなければ知識を飲み込むことはできません。そして、暗記の学習では自分の言葉で表現するということはできません。与えられた知識、情報を自分の中に取り込んで、その上で消化してこそ初めて自分の言葉で理解することができるのです。そして、そうやって自分の言葉で理解できて初めてその知識を自分のものとすることができるのです。
 自分の言葉で理解し、表現することができるレベルに達することができれば、その知識の本質が理解できているはずですから、その知識の応用は自然に実行できます。そうすれば、全く未知の問題に遭遇した時でもそれら自分のものとした知識を動員して十分に対応することができるのです。

4)自分のイメージを作り上げる
 物事を理解する時、言葉だけで理解しようとしても限界があります。多くの優秀な人材は知識をイメージとして理解しています。そして、必要な時に必要な形に加工しながらその知識を応用し、活用していくのです。
 受験対策として行われているような学習の方法では、知識は言葉や記号としてしか記憶されていません。言葉や記号は決してそれそのもの以上にはなりませんから、ほんの少し違っただけでも使用することはできません。ましてや、応用発展を望むことはできません。
 知識を自分のものとすることができる本当の学習を行うにあたっては、自分だけのイメージを作り上げる力を養う必要があるのです。決して、受験テクニック偏差値対策を追いかけていては得ることはできません。

5)説明できるように整理する
 自分の理解度を測るためには人に説明することが簡単な確認方法のひとつであるということは説明しました。そして、説明するためには自分の言葉で理解し、表現できる必要があることも説明しました。しかし、人に説明することにはこの他にも多くの効果があるのです。
 例えば、その知識を知らない人に説明していると質問をされることがあります。特に、その関連分野についての知識を持っていない人に説明していると予想もつかないような質問をされることがあります。しかし、このような質問にこそ知識の本質を突いたものが多いのです。そして、何よりも重要なことはそのことにあなたが気づいていなかったということです。ここで、自分の知識の穴を知ることができ、そこから、知識を深め広げる事ができるようになるのです。
 また、人に説明するためには、自分の中で十分に学習の成果を整理できていなければなりません。理路整然と整理できていればこそ、人に説明して理解させることができるのです。この過程もまた、知識の吸収と加工という学習の方法の本質的部分なのです。

 ここに上げたのはほんの一例にすぎませんが、少なくとも本来の成長を促す学習とは、目先のゴールを目標にして小手先のテクニックを追い求めるものではないということは確かです。学習による成長とは、物事の本質を理解し、その知識を応用して創意工夫し、未知の新たな問題に対応できるようになることです。

 「思考塾」では、そんな学習と成長を目指しています。

真の成長のための本当の学習 思考塾だけがそれを可能にします

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にメールをどうぞ


  •  このページはお役に立ちましたか?

    YES    NO