思考塾 -創造力育成通信教育学習塾- 

Home>本当の成長のために>受験・進学と学習の意味

学習塾の選び方

新たな価値創造で認められ、求められる人へ 真の成長と育成は思考塾が担います

 今や、小学生で40%、中学生では70%もの子供たちが塾に通っています。そして、学習塾にも様々なタイプがあり、それぞれに特徴を持っています。したがって、目的に応じて適した学習塾を選択することが重要になります。

 学習塾を選ぶ時の基準となるタイプにも様々なものがありますが、例えば授業のタイプで学習塾を選ぶということが考えられます。代表的なものは、予備校などと類似の多人数を相手にした講義、セミナー形式の授業を行う多人(1:多)数型学習塾、その対極としてあげられるのが1:1で個別授業を行う学習塾(この場合、家庭教師型と言っても良いでしょう)などがあります。
 一般的な傾向としては、個別授業型に近いタイプが好まれる傾向にあります。これは、生徒ごとの進捗や個性に合わせた授業を期待しているためと考えられます。ただし、個別授業の場合、どうしても授業料は割高な傾向にあり、生徒と講師の相性の問題が強く現れることもあるので注意が必要です。多人数型の集団授業の場合、学校の授業に近い形であるという点が特徴の一つとしてあげられ、また、集団の中でもまれることによる良い影響、例えば、競争意識なども期待できます。
 思考塾は、この中で分類するならば個別授業タイプになります。個々の生徒の理解度に合わせて有機的に変化する動的プログラムによって確実な成長を促します。そして、生徒の時間管理と自発的学習を促す形での進捗管理によって、どのようなタイプの生徒に対しても底上げ効果を発揮します。

 また、授業の内容で分けると、一般的な学習塾のタイプとしては、受験を目指してそのためのテクニックを教えるタイプ(いわゆる進学塾、受験塾と呼ばれるタイプです)と、日々の学校の授業のフォローを中心として並行した内容で進めるタイプ(補習型)の二つに大別できます。全国展開しているような大手の場合には、両方の教室を持っていることも珍しくありません。しかし、共通する点として、これらはいずれも暗記型であり、応用力や基盤力を育てるものではありません。目標はあくまでも、受験であり、学校の成績であることから、極論すればそれさえ過ぎれば後のことは何も考えていないともいえます。
 思考塾はこれらのいずれとも異なり、単純に目先の一時的なゴールである成績や受験だけを目標にするのではなく、生涯を通じて基礎力はもちろんのこと、未知の問題にも対応できる応用力を兼ね備えた人間力の基盤である思考力の育成する事を目指しています。志望校に入ってしまったら、社会人になってしまったら突然道に迷ってしまうような人間ではなく、自ら道を切り開いていける人材へと育てる事を目指しています。

 そして、もう一つの切り口として、大手と個人の2種があげられます。大手とは、全国の教室を持つようなタイプであり、大抵は駅前などの交通の便が良いところに教室を構えています。このタイプの場合、大手資本の安心感はもちろん、受験ということだけを考えれば情報力も強いと言えるでしょう。そして、本当の実力はともかく、有名講師の存在を強みとしてあげていることが多くみられます。また、良くも悪くも平均的で当たり障りのない構成になっていることが多いと言えます。ただし、気を付けけなければいけない点もあります。例えば、インターネットや雑誌などの情報源で紹介されるような良いクラスや講師が全国どこでも同じレベルで実現できているわけではありません。また、仮に在籍していたとしてもそういう講師は引き抜きも激しく、ずっといるという保証はありません。そして、同じ教室であっても、進学率を期待できる上位クラスにそういった精鋭が配置されることがほとんどであると言えます。これは、塾としては、次年度以降の生徒確保のためにも進学率が死活問題になるからです。そして、そのために過重な授業内容や課題のためについて行けずに脱落するケースも少なくありません。さらに、脱落しない場合でも、受験が終わった途端燃え尽き症候群になってしまい、せっかくの希望校で実力が発揮できないケースも多くみられます。
 個人経営や地方塾の場合は、どうしても、情報力や講師陣については劣るケースが多い点は否定できません。また、経営者の個性が強く反映されることから、相性の問題は大手以上に大きな問題となることがあります。特に、年配の経営者の場合には時代のずれから要求に対応できないケースが多々あります。また、フランチャイズ系の場合、情報やテキスト類は本部から支給されますが、逆に本部の方針のままにルーチンをこなすだけのパターンになっていることもあるので注意が必要です。
 もちろん、思考塾はこのどちらでもありません。あえて言うならば、両方の特徴+本当の学びと成長のための基盤力である思考力を育成しています。即物的なテクニックは、応用が利かず、その場限りで何の役にも立ちません。そのような上辺だけを求めるのではなく、基盤から積み上げる本当の力を身につければ、受験であっても、現実社会の問題であっても、何に対しても対応できるのです。本当に必要なことは、単なるテクニックや情報ではなく、「学ぶ力」、「学ぶ方法」なのです。

 この他にも様々な切り口がありますが、いずれにしても共通して言えることは、何のために学習塾に子供を通わせるのかということです。もっと言うならば、何のために勉強させるのかということが重要なのです。本当に、目先の受験テクニックや公式や年号の暗記でいいのでしょうか。それで本当に刻々と変化する社会の荒波の中で生き抜いていけるのでしょうか。本当に子供に何を与えてあげるべきなのかということを真剣に考えてあげることが大切なのです。

真の成長のための本当の学習 思考塾だけがそれを可能にします

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にメールをどうぞ


  •  このページはお役に立ちましたか?

    YES    NO