×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

思考塾 -創造力育成通信教育学習塾- 

Home>本当の成長のために教育と育成の方法

ノートの書き方

新たな価値創造で認められ、求められる人へ 真の成長と育成は思考塾が担います

 授業においてノートを取ること、それは当たり前のこととして行われています。そして、ノートの重要性も様々な場面で言われており、インターネット上はもとより、多くの解説書も売られています。確かに、ノートを取ることは重要なことであり、そのこと自体は否定されるものではありません。しかし、ノートを何のために作成するのかということがどれほどきちんと理解されているでしょうか。

 ノートの取り方にはとても個性が現れてきますが、いったいどのようなノートが良いのでしょうか。一般的に最も多いのは、黒板に書かれたことを漏らすことなくノートに書き写すというパターンです。一見すると、まじめにノートを取っており、授業の内容も漏らすことなく書かれているので復習にも役立つように思われます。しかし、本当にそうでしょうか。

 黒板に書かれていることというのは、要点がまとめられていて授業中にはとても分かりやすい内容であると感じます。しかし、実はここに大きな落とし穴があるのです。分かりやすく感じるのは、板書を見ながら同時に先生の説明を聞いているからなのです。上手な先生ほど、板書は要点が簡潔にまとめれており、それを説明で完成させるのです。したがって、授業の時には理解したような錯覚に陥って、ノートに黒板の内容を書き写していさえすればそれで大丈夫だと思ってしまうのです。しかし、いざ後から見てみると理解できていないことに気付き、復習しようにも板書だけでは理解できない状態になってしまいます。

 そして、中にはノートを書くことに一生懸命になって集中してしまい、肝心の授業の内容を理解することが疎かになってしまうケースが少なくありません。特に、女子児童、生徒に多いのですが、たくさんの色を使って、非常にカラフルにノートを作る場合があります。これも一見すると後から見やすくなっているように思うのですが、実際にはカラフルにすることに集中しており、内容の方は置き去りにされてしまっていることが多いのです。

 確かに、書くことで覚えるということはありますが、あまりにそちらに労力を取られてしまうと内容の方に頭が回らなくなってしまいます。私の推奨する授業では、要点を予めまとめたプリントなどを配っておき、生徒達は授業を受けながらそこに説明を書き込んでいく、言うなれば、見えない行間を埋めていくようなスタイルを薦めています。こうすることで、書き写すという「作業」に煩わされることなく、内容の理解に集中できるのです。

 また、何を要点に書き足すべきか、どのように書き足すべきかを考えることで先生の説明を解読して自分の言葉として再構築することになるので、より深く理解できるようになるのです。こうすることで、何が重要なことなのかを考え、ノートを作成しながら自分のイメージを構築することができのです。

 ただ、現状では先生は旧来の板書スタイルを踏襲しているので、私の推奨するスタイルの実践は難しいかもしれません。その場合には、単純に黒板に書かれている内容をそのまま書き写すのではなく、自分の表現で書いていくように心がけると良いでしょう。
 また、単なる記録としてノートを作成するのではなく、他人に説明するための資料を作っているというつもり、授業を受けていない人もそのノートを見れば内容を理解できるということを意識して書いていく事で理解度はかなり違ってきます。他人に説明するためには、自分が一旦は理解して、自分の言葉で表現できなければなりません。それを取り入れることで、自分への理解を高め、ノートの質も向上することができるのです。

 ノートは決して全てを漏らすことなく書き写すのが正しい姿ではなく、必要なことを見つけ出してそれを自分の言葉で表現していくことが本来の姿なのです。

真の成長のための本当の学習 思考塾だけがそれを可能にします

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にメールをどうぞ


  •  このページはお役に立ちましたか?

    YES    NO